動画ブログ YouTube Channel
MotionElements - ロイヤリティフリー 動画素材マーケット、音楽、アフターエフェクト テンプレート

【お助け情報】動画編集に将来性はあるのか?モチベーションが下がったと感じたらこのユーチューブサイトを見て再び這い上がれ【この二方、共通点は行動したことです!】



【お助け情報】動画編集に将来性はあるのか?モチベーションが下がったと感じたらこのユーチューブサイトを見て再び這い上がれ【この二方、共通点は行動したことです!】

動画編集をやり続けても自分の将来像が見えてこない人に朗報です。毎日同じ作業の繰り返しで成長しているのかどうか手探り。副業で稼げているけど、動画編集が大きな成長につながるのかイメージできない、段々と自分のモチベーションがなくなり、結果、動画編集を辞めてしまう。勿体無いじゃないですか、これから動画編集者が更に足りなくなるという市場環境へ向かっているのに。でも実際のところ、どうなの?というところでしょうか。

そんなあなたにお勧めのユーチューバーがおります。この方、女性で元飲食従業員をしていましたが、”なんとかせねばあかん!”と自分を奮い立たせ、動画編集の世界へ飛び込み、今では4つの動画関連スクールを運営している凄腕の起業家。結構熱く、これからの動画編集業界の未来像、動画編集としてのニーズの高まりから、個人が抱ける動画編集者としての可能性を実際に第一線で仕事をしている目線で語ってくれるので、モチベーションが高まります。

この方、アパレル関係の営業職をしていましたが自分の将来に危機感を抱き、会社を辞めて動画編集を始めました。始めた当初はマックコンピューター初めて購入、Excelをちょっとできるぐらいのコンピューター知識、勿論、動画編集ソフトウェアのプレミアプロなど触ったことなかったというから驚き。今では動画編集ディレクター、動画編集スクール運営、ミュージックプロモーション動画編集などをマルチで行動している強者です。

フリーランスになりたい方、必見動画です!

フリーランスになるメリット、通勤がない、嫌な上司がいない、嫌な人との付き合いもなくなる、やればやるほど収入が増える、他責から自責の思考になる。では実際フリーランスになるには何が必要なのでしょう。それには仕事を任せられるスキルということです。専門的な技術を企業は個人に任せたい。要は信頼されるに足るスキルさえ自分が保持していればいくらでもチャンスがある時代というのが今なんです。

時間がない、お金がない、だから現状維持のまま、というのは後どれぐらい通用するのでしょうか?副業もOKという空気感が社会に浸透してきていますし、会社だけに頼っていたら日本経済が転んだとき、どうなるのか?もう国も会社もあなたを守る力はなくなりつつあります。これが現実、だったら個人で稼いでいけるスキルを身につけた方が自分の将来的な保険になると思うんです。後は行動していくのみ、ググればたくさん情報が出てくる環境が整っている令和時代。

動画編集-勝ち確ルール by金髪母ちゃん【YouTubeコンサル】

ノマドワーカーになる方法、動画編集で月5万円稼ぐ手順、仕事が集まる人がやっていること5選、地方は企業案件が取りやすいんです、提案力があると単価は青天井、など他にも魅力的な動画編集関連の動画が多数投稿されています。これを見るだけで下がっていた動画編集に対するモチベーションが上がること間違いなし。定期的にネタを仕入れて、自分の動画編集者としての方向性を確認するのに役立つと思います。

動画編集技術はあるけど、中々案件獲得に結びつかない、という人は動画編集で成功する3つの要素の内、2つが欠けているのかもしれません。1つ、動画編集技術力、2つ、企業案件を獲得するための営業力、3つ、クライアントワーク。営業力とクライアントワークを改善するにはどうしたらいいのか?これらの疑問にもこの方の動画内で語ってくれています。営業力は確立ゲームだと、圧倒的多数に応募する。クライアントワークは自動化できるところは外注するのも有りということ。これらの作業をシステム化すると、新たな可能性が登場するようです。

ディレクターのポジションを取りに行く

今、巷で言われていること、広告市場が後2、3年で今(2022年)の倍になるという予測。テレビを視聴する層が減って、段々とインターネットで動画する層が育っていることから、今後、テレビ広告からインターネット広告へとシフトしていくと。テレビ広告に比べるとインターネット広告のメリットとして、データ分析がしやすい、戦略を立てられる、気軽に試せる、などでしょうか。無料から有料までツールが揃っていることも後押ししてます。

そうなると動画編集者が足りない状況が予測できます。動画編集はオワコン、ということを稀に聞きますけど、そんなことは全くない。今からでも遅くないと先ほど紹介したユーチューブチャンネルでも紹介されてました。そしてそれら多くの動画編集者をまとめるポジション、ディレクターに自身を昇格できれば、収入アップも期待できると。自分が作業としておこなっていた動画編集を他の人にお願いして、自分は出来上がったものの品質チェックする作業。

これだと自分の時間が空くので更に上へ上げるための準備ができるようになります。どのようにディレクターになればいいのかのスクールもインターネット上に転がっています。欲しい情報は自分に投資するという意味で、時間と、お金と、労力をコミットしていく姿勢。ディレクターのポジション、ガラ空きということなのでチャンス。動画編集者の可能性の一つが自分の作業をシステム化して、自分をディレクターにアップグレードさせるということなんです。

社長の右腕になれ、Webマーケティングの可能性

では最後にインターネット広告を仕掛ける社長の立場になって考えてみましょう。どうやらインターネット広告に切り替えて、またはやり始めてそれなりの売り上げ達成、結果が出始めている会社の噂を聞きつけて、我が社にも取り入れたいと考えている。では実際に何から始めればいいのか、どんな可能性があるのか、誰かに相談したい。こういった方々がこれから益々インターネット広告市場へ流れてくることが予測されています。

このような企業案件を取れれば、収入は安定するでしょう。大事なのはこれまでおこなってきた動画編集者としての立場から、その可能性を提案してあげる。提案型の営業マン、その会社を儲けさせるにはどうしたらいいのか。今流行りのビジネスアニメーション「VYOND」を活用してインターネット広告を仕掛けるメリットを教えてあげる。顔出しなし、声出しなし、モデルなどを使用する必要なし、気軽に多方面の可能性を試すことができるなど。

後、円安となっている経済環境から、日本の外のマーケットへ進出するという企業も増えるでしょう。そういった企業にはユーチューブ環境での多言語化の可能性を教えてあげる。キャプション、サブタイトル機能を利用して、凄いチャンネルだと、30カ国語から60ヶ国語までのサブタイトルを施して動画投稿継続している方も存在してます。勿論、世界中からアクセスがあるので結果も出ているようですし、まだまだ多言語化をしているチャンネルは少ないです。

Webマーケティングの可能性

Webマーケティングって何?という方にお勧めのユーチューブ動画があります。知っている方も今では多数いるのではないでしょうか、「マナブ」さんです。月に1千万円以上の売り上げって凄くないですか、それも個人でですから、Webマーケティングの可能性のヤバさに驚きます。動画編集者としてもモチベーションが維持できないと悩んでいる方、上に行ける市場は存在してますし、それらの手順も紹介されています。この二方はあなたを応援してるんです!

Activate Your Creative Mode

貴方の動画編集

承ります!

動画制作/編集

お勧めサービス

キャリア形成

しませんか?

動画ブログ YouTube Channel

Kz YouTube Channel