動画ブログ YouTube Channel
MotionElements - ロイヤリティフリー 動画素材マーケット、音楽、アフターエフェクト テンプレート

【必見!】今流行りのショート動画、短いBGMはこのサイトからゲットするのが一番簡単で格好良い曲を見つけられます【有料サイト】

【必見!】今流行りのショート動画、短いBGMはこのサイトからゲットするのが一番簡単で格好良い曲を見つけられます【有料サイト】

ショート動画、どのように活用していますか?ユーチューブ、TikTok、インスタリールなど、どのプラットフォームもマーケットを拡大しようと躍起に。コンテンツを消費する視聴者としてはあちらのアプリを開けて、それが終わったらこちらのアプリを開けてと大忙し。人間の集中力は8秒前後しか続かないということですから次から次へとスワイプです。

なぜこのような激しいマーケットシェア争いを繰り広げているのか?人々が視聴する総時間数、TikTokがユーチューブのそれを抜いたということでとんでもないことが起こっているんです。これで慌てたのがコンテンツ提供者、クリエイターという奴。ショート動画は稼げないということで敬遠していましたが、ショート動画市場拡大で無視できなくなっってきたんです。

ユーチューブ大学チャンネル、中田敦彦さんの動画で紹介されていました。クリエイター、動画提供者はショート動画を自分のチャンネル、コンテンツへの動線として利用するべきだと。つまりコマーシャルになるんです。どういうことか?今、2022年、これから動画市場へ参加となるとある程度プレーヤーが決まってきているので厳しい状況です。しかし、このショート動画を利用することでまだチャンスはあると。

ユーチューブへコンテンツを上げても動画視聴数が伸びない、というのは多くの参加者が抱えている悩み。でもショート動画だとどうでしょう。自分のコンテンツのダイジェストに仕上げた動画をショート動画プラットフォームに上げる。驚くことに結構な視聴回数を稼げるんです。これをきっかけにして自分のコンテンツのファンになってもらうという戦略を展開可能。

動画クリエイターの皆さん、2022年は是非、ショート動画を自分のコンテンツのコマーシャルとして利用してください。ダンスだけがショート動画で流行っているわけじゃないんです。コンテンツの予告編、コンテンツのハイライト、コンテンツのダイジェスト、など活用方法は色々あります。まだまだショート動画市場、熱くなります!

短いBGMはArtlistから選曲するのがお勧め

ArtlistArtlist

ここで皆さんにお知らせしたいんですけど、ショート動画用の短いBGMをどこから探してくるのか?お勧めは「Artlist」。「Artlist」へ行くと、画面右上の広告の下辺り、曲の長さを選択できる項目。10から30秒、30から50秒、50秒から1分2秒までと。それで50秒から1分2秒まで選択するとどうでしょう、その長さに収まる曲がズラーっと表示される。これを一つずつ聴いていっても良いですし、もう少し選択幅を絞っていくこともできます。

画面左にあるムード、動画テーマ、ジャンル、インストルメントなどで自分好みの曲調を探すことができます。で、心配なのが著作権問題。「Artlist」の楽曲はすべてライセンスフリー(著作権がない)です。 業界用語で言うと「アトリビューション表記(クレジット)」が必要ありません。 「Artlist」なら表記の義務化がないので、そのまま使う事ができます。

これ便利ですし、自分のショート動画へ簡単活用できると思いませんか?一つ厄介なのが有料サイトということ。じゃ、料金はいくらか?このサイトの料金設定は、超シンプル。 年間料金の199USD(アメリカドル)のみ。 1日最高40曲までしかダウンロード出来ませんが、それ以外のダウンロード制限は一切無し。 めっちゃシンプル。

もう、たーくさんの曲がありますからたーくさんショート動画を作成して、ユーチューブショート、TikTok、インスタリールへあげてください。プレーヤーが決まってきている動画業界ですが、ショート動画を活用することで道が開けるチャンスがあるんです。2022年、ショート動画は波がきている状態ですから、絶対にやるべきです!その際の曲探し、BGMは「Artlist」から選曲してくることを強くお勧めします。

想像して下さい!曲の中にはCinematic、POP、Rock、R&B、Ambient、Excited、あるゆる種類の曲調があるのです。きっと、嫌絶対、あなたがイメージしている動画内容とピッタリのBGMがみつかるはずです。曲自体を聴くことは無料でできるので、まずはサイトへ行ってみてはいかがでしょうか?体験して直に感じてください。「Artlist」はあなたが想像している以上のものを提供できるでしょう。

ArtlistArtlist

まとめ

クリエイター、動画提供者はショート動画を自分のチャンネル、コンテンツへの動線として利用するべきだと。つまりコマーシャルになるんです。どういうことか?今、2022年、これから動画市場へ参加となるとある程度プレーヤーが決まってきているので厳しい状況です。しかし、このショート動画を利用することでまだチャンスはあると。



Activate Your Creative Mode

貴方の動画編集

承ります!

動画制作/編集

お勧めサービス

キャリア形成

しませんか?

動画ブログ YouTube Channel

Kz YouTube Channel