動画ブログ YouTube Channel
MotionElements - ロイヤリティフリー 動画素材マーケット、音楽、アフターエフェクト テンプレート

ユーチューブを始めよう!ジンバル購入

ユーチューブを始めよう!ジンバル購入

流行に鈍感な私が遂にユーチューブデビューすることになりました。何なんでしょう?きっかけはあるユーチューバーのファンになったこと。このようなこと、自分もやってみたいなぁ、挑戦してみたいなぁ、と思ったのでいつもと一緒、自分なりにマイペースでやってみることにしたのです。少しずつ上達していけば良い、というのが自分のスタイルかな!?

まっ、休みの日は大体ゴルフか、写真を撮影に散歩がてら出かける、という感じなんですけど、この写真撮影時の様子を動画を交えて公開していこうかなぁというのが最初の動機。後は車の運転、ドライブが好きなので旅行に出かけたときの動画を撮影、とまぁここまでが私のチャンネル内容になりそうです。ゴルフ動画は・・・まだ下手なんでねぇ〜

iPhoneでも綺麗な動画撮影できる

iPhone XSが去年の終わりに発売開始になった時、これで動画撮影しようと決めていました。まだフルサイズのカメラで動画撮影する実力も知識もないし、とりあえず簡単な機種でなんでもいいから始めてみる。撮影もその後の動画編集も経験がないので始めてみる。これが大事なんです。で、少しずつ自分なりに修正していって、技術的にも知識的にも実力をつけていく。

iPhone XSと一緒に購入したのが動画撮影用のジンバル。3軸でスムーズに撮影できる道具ですか!これはsnoppa社からでているiPhone用ジンバル、Atomを購入しました。iPhone XSをジンバル機Atomに取り付けるとなんとも不思議な感じで動いてくれるじゃないですか。あぁこれがジンバルで撮影するってことかぁ、と納得。なんか面白そうです!

シュークリーム

iPhoneのカメラ実力、凄いです!スマホでここまでの性能を実装するとは驚き、値段は高め設定ですが一度これぐらいの価格帯に慣れてしまうと、ダウングレードされた商品は目に入らなくなってきます。スマホはこれぐらいの価格帯が限度ではないでしょうか?後、他機種と差をつけるとなったら付加価値を何処につけるでしょうか?そんなに残ってない、という印象です。

DJI Osmo Pocketの手軽さに財布の紐が緩む

で、そうしたらDJIが年末、凄いものを出してきました。DJI Osmo Pocketというものなんですけどこれが小さくて軽くて、手軽に動画を撮影したい時にできるということで話題になったんです。これいいかも、ということで自分も飛びついてしまいました。4K撮影できるっていってもまだ4Kがなんのことやら、というレベルの私です。

実際手にしてみると小さいこと。軽いしポケットに入る感じで、これならどこへでも気軽に連れていくことが出来そうです。まずは質より量。動画のイロハも知らないので全ては経験することから。音質とか動画を撮るための導線の取り方。編集にどのソフトウェアを使えばいいのか?わからないことだらけです。

どら焼き

DJI、元々はドローンで有名な会社、他にも一眼カメラなどを載せるジンバルなどで商品競争力を付けています。そのDJIからドローンとジンバルの技術を活かした商品が登場。Osmo Pocketの気軽さと言ったらそれが狙いなんでしょうけど、このようなVlogerに向けた商品、今後も増えてきそうな予感がします。

先生はユーチューブの中にたくさん存在している

便利な世の中になりました。今、何かを調べる時、グーグルでテキスト入力していると思うんですけど、これがユーチューブで検索するように変化しているそうです。テキスト文字よりも動画で実際の様子を伺えるとなれば、その入ってくる情報量は圧倒的ですから動画検索がメインになりそうです。英語で検索できるならばもっと手に入る範囲が広がるはず。

私の先生はカナダ、トロント在住の人でピーターマキネン(Peter McKinnon)という人物です。元々はマジシャンであり、写真家でもあった人なんですけど、ユーチューブで自分のチャンネルを持って始めたところ、一気にブレイクしました。色々と勉強になって面白いですし、彼の撮影テクニックをいつかは自分でもできるようになりたいと考えています。

クレープ

ユーチューブは有難い。知りたいと思った商品レビュー、ハウツー、体験談動画、自分が欲しい、必要とされている情報を英語圏から探し出せるのならば、手に入る情報の質、量共に日本語のそれを圧倒します。一昔前だったら、成長スピード、もっと遅かったでしょう、気軽に手に入る情報量が人を前に進めます。

【朗報】気になるライバル、あの有名なユーチューバーの収益はいくら? → NoxInfluencerはYouTube分析プラットフォームです【無料/日本語対応】

まとめ

ジンバル必要かどうか?その人次第です。自分の撮影時、手振れ補正を気にしないで撮影する技法、編集時のアイデアが把握できている人ならジンバルは必要ないかもです。私の場合、ブランドン・リーっていうユーチューバーへの憧れがあり、彼が運営するジンバル操作を教える学校へ習いたいと思っているので購入しました。勿論、ジンバルなしで撮影している撮影上手なユーチューバーもたくさん存在しています。

Activate Your Creative Mode

貴方の動画編集

承ります!

動画制作/編集

お勧めサービス

キャリア形成

しませんか?

動画ブログ YouTube Channel

Kz YouTube Channel

Lightroom プリセット | Photoshop アクション (0F210ED2087)

ABOUT US

19歳で渡米、ノースカロライナ州シャーロット、カリフォルニア州ロサンジェルスを経て現在ニューヨーク在住!!ウェブライター、エッセイスト、スポーツジャーナリスト、写真家、動画編集・制作者として活動する50代オヤジ。ゴルフにどハマりしてます(笑)ユーチューブ、はじめました!

カテゴリー